ホームページ > 公共経営学科

2018年度に公共経営学科を新設

商学部は大阪市立大学発足時(1949年)以降、明治以来の大阪商業講習所や大阪商科大学の伝統を引継ぎながら、経済界や地域で活躍する多くの有為な人材を輩出してきました。この間、商学部商学科という1学科での教育体制でした。近年の大きな経済社会の変化のなかで、地域や公共分野で活躍する人材の育成が求められています。こうした社会的要請に応えるべく、商学部では2018年4月から商学科に加え、新たに「公共経営学科」を設置し、非営利組織、公的機関、地域企業、CSR(企業の社会的責任)等について重点的に学ぶ機会を拡大させることになりました。

公共経営学科はマネジメントやビジネスを扱う点は商学科と同じですが、「社会性」と「地域性」をキーワードとして学習を進める点に特色があります。商学部の前身・旧大阪商科大学の時代には「市政科」という独自の珍しい学科があり、その知的伝統が大阪市立大学発足後にも引き継がれてきました。公共経営学科の設立は、この商学部独自の歴史的資産を時代に即した形でリニューアルさせる試みでもあります。

2学科体制であるとはいえ、それぞれの学科がまったく別々の教育をおこなうというわけではありません。1年生から2年生前期の間は、学科には属さずに経営学、経済学、会計学などの基礎的な科目を学びます。2年生後期からどちらかの学科に所属し、専門的な勉強を行うことになりますが、いずれの学科の専門科目も並行して学べる体制をつくっています。2つの学科は分離しているのではなく、互いに補い合い、連携しながら商学部教育体系のなかで運営されます。したがって、商学部でどちらの学科に属するのかは、勉強の軸足をどの分野に置くかということであり、いずれの学科に所属しようとも商学部学生として経営・商学・会計を体系的に学ぶことには変わりはありません。

  学科共通
専門科目
経営 商学 会計
商学科 会計基礎論演習、中級簿記、経営分析論、財務諸表論、原価計算論、情報処理演習、基礎統計学など 経営管理論、経営戦略論、経営組織論、経営財務論、経営史、イノベーション・マネジメント、国際経営論、経営統計論、人的資源管理論、事業戦略論など 環境論、商業論、工業論、技術論、金融機関論、貿易論、統計方法論、証券市場論、マーケティング経済論など 財務会計論、管理会計論
企業評価論、国際会計論、会計監査論、会計情報システム論、管理会計システム論など
公共経営学科 公共経営論、ビジネス・モデル論、ソーシャルビジネス論、地域経営論、ベンチャー・ビジネス論、政策形成論など 地域金融論、地域デザイン論、地域マーケティング論、地域再生論、文化政策論、産業立地論、産業集積論、中小企業論など 公会計論、社会関連会計論、自治体財政論など

カリキュラム体系