ホームページ > 教員スタッフ >立見 淳哉

立見 淳哉 (たてみ じゅんや)

立見 淳哉准教授 画像
現職
准教授
担当科目
プロゼミナール、産業集積論、都市・地域産業論
学歴
関西大学文学部史学地理学科卒業
大阪市立大学大学院文学研究科地理学専攻前期博士課程修了
名古屋大学大学院環境学研究科社会環境学専攻後期博士課程修了
取得学位
博士(地理学)
研究テーマ
  • コンヴァンシオン理論と産業集積(空間)理論の架橋
  • 創造産業における財・サービスの価値付け
  • 斜陽工業地域における社会連帯経済の可能性
キーワード
産業集積、中小企業、コンヴァンシオン理論、制度・慣行、市場の構築、価値付け
主要論文・著作など(2015年度以降)
  • 「パリのファッション産業における価値づけの装置」『人文地理』第70巻第 1 号, 2018, pp.25-48.
  • 「資本主義の新たな精神と豊穣化の経済−地場産業製品への価値の再付与」『創造都市研究』通巻17・18合併号, 2018, pp.15-33.
  • 「認知資本主義と創造都市の台頭」(山本泰三編『認知資本主義−21世紀のポリティカル・エコノミー』ナカニシヤ出版, 2016, pp.85-102)
  • Tatemi, J. and Nagao, K.,‘New spirit of capitalism and the social construction of the "city", in P. Batifoulier et al. ed. Dictionnaire des conventions : Autour des travaux d’Olivier Favereau, Presses Universitaires du Septentrion, 2016, pp.109-113,  (coauthor: Nagao, K).
  • 「フランスのショレ・アパレル縫製産地の変容―制度・慣行の役割―」『地理学評論』Vol. 88, No.1, 2015, pp.1-24.
所属学会・役職など
経済地理学会、人文地理学会、日本地理学会、進化経済学会、中小企業学会
商学部生に対してひとこと

必要にしばれず、ものごとをじっくり考えることができる貴重な時期です。時間をかけないと読めないような本を幅広く読んだり、旅行でもフィールドワークでも、できるだけ、いろいろな世界に直接触れてみてください。

連絡先
TEL:    FAX:    Email: