ホームページ > 教員スタッフ > 小形 健介

小形 健介 (おがた けんすけ)

小形 健介准教授 画像
現職
准教授
担当科目
国際会計論、国際会計論研究演習1、
国際会計論研究演習2
学歴
大分大学経済学部経営学科卒業
大分大学大学院経済学研究科修士課程修了
神戸商科大学大学院経営学研究科修士課程修了
神戸商科大学大学院経営学研究科博士後期課程単位取得退学
取得学位
博士(経営学)
研究テーマ
  • 会計規制の形成に関する研究
  • 国際標準化機関の規制行動に関する研究
  • 連結・企業結合会計に関する研究
キーワード
会計規制、IASB、FASB、ASBJ、IIRC、社会ネットワーク分析
主要論文・著作など
  • 「財務報告規制のローカルとグローバル」『會計』第191巻第1号、2017年。
  • 「IASBにおける会計思考と基準開発活動―2011年-2013年を対象として―」『国際会計研究学会年報』2014年度第2号、2015年。
  • 「国際標準化におけるFASB基準開発活動の規定要因―2000年代後半におけるFASBの規制環境・基準化戦略・組織構造―」『会計プログレス』第14号、2013年。
  • 「会計基準設定機関の組織構造とパフォーマンス―2000年代後半のIASBメンバーを対象とした社会ネットワーク分析」『會計』第182巻第5号、2012年。
  • 「FASB企業結合会計基準設定における投票行動の分析―ネットワーク分析の観点より―」『企業会計』第62巻第8号、2010年。
所属学会・役職など
日本会計研究学会、国際会計研究学会、日本社会関連会計学会、日本簿記学会、European Accounting Association
商学部生に対してひとこと

まずは夢中になれるものを見つけてください。ただ夢中になるものが見つからない場合は、目の前の課題に情熱的に取り組んでください。そうしたことを積み重ねていくと、そのうち夢中になるものが見つかるようになるでしょう。またそうした態度は、それを見ている仲間からの信頼やサポートの獲得につながり、それらはあなた自身をさらなる高みへと引き上げてくれるでしょう。何ごとにも情熱的に取り組み、周りを巻き込むような強さをもった市大生が数多く生まれることを望んでいます。私自身、その一助ができればと思っています。

連絡先
TEL:    FAX:    Email: