ホームページ > 教員スタッフ > 松永 桂子

松永 桂子 (まつなが けいこ)

松永 桂子准教授 画像
現職
准教授
担当科目
地域経済論
学歴
大阪市立大学大学院経済学研究科後期博士課程単位取得退学
取得学位
博士(経済学)
研究テーマ
  • 地域産業や消費社会の変容からみた都市と地方の発展・成熟過程
  • 人口減少、超高齢社会の地域経営、地域デザイン
キーワード
都市と地方、地域経営、地域産業、スモールビジネス、消費社会の変容、人口減少、超高齢社会
主要論文・著作など
  • 『創造的地域社会―中国山地に学ぶ超高齢社会の自立―』新評論、2012年
  • 『ローカル志向の時代―働き方、産業、経済を考えるヒント―』光文社新書、2015年
  • 『로컬 지향의 시대』이혁재 역. 알에이치 코리아、2017年(上記本の韓国語版)
  • 「ローカル志向と都市・地域社会」『都市計画』326号、pp.28-31、2017年
  • 『トリノの奇跡―「縮小都市」の産業構造転換と再生―』脱工業化都市研究会編著、藤原書店、2017年
  • 『田園回帰シリーズ5 ローカルに生きる ソーシャルに働く』松永桂子・尾野寛明編著、農山魚村文化協会、2016年
  • 『震災復興と地域産業』関満博・松永桂子編著、新評論、3・4巻2013年、5巻2014年
  • 『「農」と「モノづくり」の中山間地域』同編著、新評論、2010年
  • 『中山間地域の「自立」と農商工連携』同編著、新評論、2009年
所属学会・役職など
日本地域経済学会理事、日本地域開発センター「地域開発」編集委員、日本都市計画学会、日本中小企業学会、企業家研究フォーラム、国土交通省国土審議会専門委員、総務省自治体戦略2040構想研究会委員など
商学部生に対してひとこと

大学生の多くは「大学時代に将来の仕事をみつけたい」と言います。しかし実際、世の中にはいろんな仕事があり、自分の適所をみつけるのは、社会に出てしばらくたった30歳前後のような気がします。人との出会い、偶然の重なりのなかで導かれるように自身の役割に気づいていきます。だから、大学時代は人間の幅を広げるような経験を積んでほしい。旅や映画、異世代の方との交流などをとおして多様な価値観に触れ、豊かな感性を育んでください。

連絡先
TEL:    FAX:    Email: